HOME » 注文住宅に関する最新コラム » 注文住宅と建売住宅の違い

注文住宅と建売住宅の違い

注文住宅には注文住宅の良さが、建売住宅には建売住宅の良さがあります。

一方で、それぞれの悪い点も確かに存在するのです。

ここでは注文住宅と建売住宅がどう違い、どのような利点や欠点があるのかを紹介していきます。

注文住宅とは?

設計

いわゆる「オーダーメイドできる住宅」が注文住宅です。

住宅の買主は工務店やハウスメーカーに自分の希望を伝え、工務店やハウスメーカーは予算の範囲で買主の希望を可能な限り実現します。

間取りや各種内装のみならず、家を作る建材の材質や、予算に応じて木材の産地まで指定が可能です。

「この世にしかない一点物」「自分オリジナルの家」というのが注文住宅です。

注文住宅のメリット

好みの家を建てられる

注文住宅最大のメリットが「好きな家を建てられる」ことです。

ライフスタイルや家族構成に合わせて自由に設計ができ、自分の家族が住みやすい家にすることができます。

素材から選べる

こだわりたい人は、建築に用いる建材から選んでも構いません。

高級感を出すために高級な素材を使ったり、耐久性を高めるために良質な建材を使ったりすることができます。

自然素材しか使わない家を作れば、シックハウス症候群などを避けることも可能です。

立地を選べる(場合がある)

注文住宅は、土地さえあれば基本的に好きなところに建てられます。

土地選びは大変ですが、理想の立地や広さの土地さえ手に入れられればそこに理想の家を建てることができるので、立地からこだわりたい人にはピッタリです。

注文住宅のデメリット

価格が高い

注文住宅は、設計や建材の用意から行わなければならないので、どうしてもコストが高くなります。

土地の入手から始める場合は土地代もかかるので、金銭的な負担がかなり大きいのが注文住宅のデメリットです。

住めるようになるまで時間がかかる

注文住宅は設計から始まるため、工事完了の期間が長くなります。

仮に自分の家を取り壊してその土地に注文住宅を建てる場合、取り壊しから建築完了までの間はアパートやマンションなどを別途契約してそこに住まなければなりません。

月々の家賃負担が発生し、新しく建てる住宅とは別のコストが発生します。

建売住宅とは?

複数の家のイラスト

建売住宅はその名の通り、「建ててから売られている」住宅です。既に工事中ではあるけれど完成はしていない状態で売られている家も、建売住宅と呼ばれます。

規格住宅と勘違いされやすいのですが、規格住宅はカタログから自由に選んで建てられる家のことです。

建売住宅は間取りや設備、立地なども既に決められた状態で売りに出されているため、オーダーメイドの注文住宅と違って大量生産の家という考え方ができます。

建売住宅のメリット

イメージした通りの家に住める

建売住宅の多くは既に建てられているので、内覧することで自分に合う家か合わない家かがわかります。

注文住宅は建ててみるまで微妙なところがわかりませんが、建売住宅は完璧にイメージ通りまたは見たとおりの家に住むことができるので、「こんなはずじゃなかった」と後悔する危険性が少なくて済みます。

すぐに住める

建売住宅は、契約を締結して引き渡しを受ければすぐに引っ越して新しい生活を送ることができます。

転勤など何らかの事情でできるだけ早くその土地に移らなければ行けない場合でも、建売住宅ならいち早く移住することが可能です。

価格がリーズナブル

建売住宅は規格化した建材を用い、設計料もかからないため、注文住宅はよりも手頃な価格で手に入れることができます。

大抵の場合土地も込みで売られているため、土地付き物件の価格としてはかなり魅力的なものが多いようです。

建売住宅のデメリット

自分で設計できない

建売住宅はすべて他人が決めた仕様で作られています。

自分の好みに合わせた間取りや設備にするためには、リフォームや増改築などで対応しなければならず、その費用を合計すると結局注文住宅と同じ価格になった…ということになりかねません。

立地を選べない

注文住宅は好きな土地を買い上げてそこに家を作れますが、既に建物がある建売住宅は最初から立地が決まっています。

立地を選びたい人にとっては少々不便に感じるかもしれません。

クオリティに難があることがある

建売住宅は規格化された資材を大量に注文して使うことで、一軒あたりのコストを下げています。

利益をアップさせるために工事費を削減される場合があり、トータルでのクオリティが注文住宅に劣ることもしばしばです。

もちろん、ほとんどの建売住宅には問題がないのですが、稀に若干クオリティが落ちる物件があることもまた事実です。

建売住宅を買う場合は、内覧時にどのようなクオリティなのかを隅々まで注意して確認する必要があります。

まとめ

注文住宅と建売住宅は、買う人が何を求めているかによって良し悪しが分かれます。

どちらが絶対に優れていると断言はできないので、自分や家族のニーズや経済状況などに合わせて選んでください。