HOME » 注文住宅に関する最新コラム » 注文住宅で二世帯住宅を建てるメリットやデメリット

注文住宅で二世帯住宅を建てるメリットやデメリット

生活面でのメリット

二世帯住宅にすることで、親としても子としてもメリットがあります。親としては、年齢を重ねていくことで、体力の低下など夫婦二人で生活していくのは不安が大きいことでしょう。

二世帯住宅であれば、子供が側にいるため、万が一のときにも助けてもらうことが可能です。また、孫が側にいるので日々の成長を楽しむことができるでしょう。 そして、子供側のメリットとしては、二世帯住宅であることにより、家事などを分担して負担を軽くすることができます。また、自分の子供が小さいうちは、何かと生活に余裕がありません。二世帯住宅で同居をしておくことで、万が一急ぎで外出の様ができたとしても、安心して子供を任せることができるでしょう。

このように、お互いに協力をしあって生活できるという魅力が、二世帯住宅にはあります。

経済面でのメリット

二世帯住宅は経済面でのメリットも大きいです。通常、土地や住宅を購入すると固定資産税の納付義務が発生します。住宅用の土地の固定資産税では、一世帯当たり200平方メートルまでであれば、小規模住宅用地として固定資産の軽減特例を受けることができます。もし、200平方メートルを超えてしまうと、超えた分については固定資産税の軽減を受けることができなくなってしまいます。しかし、二世帯住宅の場合は、最大で400平方メートルまで拡大されるため、より大きな住宅を建てることができるでしょう。

また、中古住宅を購入して二世帯住宅へリフォームする場合でも、土地や家屋の購入などの際に負担しなければならない不動産取得税もお得に活用することができます。通常50平方メートル以上240平方メートル以下の床面積の住宅購入であれば、1,200万円まで不動産取得税を控除されます。ただし、二世帯住宅の場合は、控除額が2倍になりますので、最大2,400万円まで控除することが可能になるのです。

生活面でのデメリット

二世帯住宅の最大のデメリットとしては、生活文化の違う2つの家族が同じ住宅で生活することで起こるトラブルです。家族であったとしてもお互いの年齢は大きく離れています。そのため、価値観や意識、ライフスタイルが大きく違うことから、ちょっとしたことで不満を抱きやすくなることが多いです。一つひとつは小さな不満であったとしても、それが毎日積もってしまいますと大きなストレスとなります。いわゆる嫁姑トラブルなどが引き起こされる可能性が高いでしょう。

また、お互いの家族がいることによって、気軽に人を呼ぶことができなくなった、夜中に夜食を食べたくても側に寝室があることから、むやみに音を立てることができなくなったなどの不満を抱えてしまうことがあるでしょう。

コスト面でのデメリット

生活の上、コスト面のデメリットはほとんどありません。しかし、将来的に生じる可能性があります。たとえば、売却を検討する際には、完全分離型の二世帯住宅であったとしても、二世帯の同意がないと売却することは難しいです。さらに、二世帯の売却同意があったとしても、二世帯住宅の需要はかなり少ないです。そのため、かなり値段を抑えて売却しなければならない可能性があるというデメリットがあります。

また、売却をしなかったとしても、将来的に両親が亡くなった場合に、自分のほかに兄弟がいると相続に関するトラブルが生じる恐れがあります。特に、胃酸のほとんどが二世帯住宅に関するものの場合は要注意です。他の兄弟に対して不公平な状態にならないよう、金融資産を残しておくなどの配慮が必要となるでしょう。