HOME » エリア別でみる北部九州の住みやすさガイド » 筑後の住みやすさについて

筑後の住みやすさについて

ここでは、福岡県の筑後エリアうち、筑後市のくらしやすさについて見ていきましょう。

筑後平野に広がる発展著しい田園都市・筑後市

日本有数の暴れ川の筑紫次郎・筑後川が流れる、肥沃な筑後平野に横たわる筑後市。

市南部の矢部川沿いには、高濃度炭酸泉の効能ゆたかな船小屋温泉郷が湯煙をあげています。

筑後市は1954年に羽犬塚町、水田村、古川村と岡山村の一部が合併し、誕生しました。

市の代表駅である羽犬塚駅から博多駅まで快速で約45分という立地なので、筑後市から福岡市内へ通勤する人も少なくありません。

八女地方特産の八女茶をはじめ、茄子、梨、葡萄などの農産物の生産が盛んで、福岡エリアを中心に全国にも出荷。さながらの福岡の農園といったぐあいでしょうか。

しかし、基本は田園都市ながら、ロッテ九州工場やヤンマー建機機械工場をはじめ、福岡に本社を構える住宅会社・タマホームの創業地であるなど、第二次産業も活発。

また、新幹線の開通(筑後船小屋駅)や福岡ソフトバンクホークスの2軍誘致など、近年の筑後市のトピックは話題にこと欠きません。

農業、工業が盛んなうえ、福岡・熊本のちょうど中間地点で都市部への通勤・買い物にも便利というロケーションから、筑後市は毎年のように開発・発展が進む、将来性豊かなまちだといえるでしょう。

筑後市のくらしやすさ

医療は市立病院がありますが、より高度な治療・加療が必要な場合は、すぐお隣の久留米市に高度医療機関が充実しているので心配ありません。

健康分野での取り組みとしては、「ちっご元気健康ポイント事業」があります。

これは、健康診断の受診、市主催の健康関連事業への参加などをするとポイントがたまり、10,000円の商品券などが当たるという制度。楽しみながら健康づくりができるという、筑後市独自の事業です。

そのほか、生後2か月から4か月の赤ちゃんがいる家庭を助産師が訪問する「こんにちは赤ちゃん事業」、入院・外来とも無料の「乳幼児医療制度」をはじめ、住民健診や産科医療補償制度など、市民1人ひとりが健康ですこやかにくらせるための事業に取り組んでいるのが、筑後市の特色といえるかもしれません。

そんな筑後市の地価相場は、35,525円/m2で1坪あたり117,438円/坪。

これは福岡県内では18位の数字。小郡市(44,600円/m2)低く、柳川市(28,783円/m2)よりも高い水準です。

現在は、市内のなかでも羽犬塚と筑後船小屋エリアでは10,000円/m2前後の差があります。ですが、今後、新幹線開業後も続く筑後船小屋エリアの開発が進めばその差は縮まるほか、市内全域で地価水準が上昇することも考えられますので、筑後市の土地は「いまが買い」だともいえます。

【福岡県筑後市】

  • 市役所所在地:福岡県筑後市大字山ノ井898
  • 総人口:48,375人
  • 行政面積:41.78平方キロメートル
  • 人口密度:1,160人/平方キロメートル
  • 市制施行:1954年4月1日

※情報は2016年6月現在のもの