HOME » こだわりを持つならここ!注文住宅家作りガイド » 二世帯住宅のメリットとデメリット

二世帯住宅のメリットとデメリット

親と子の2世帯がひとつ屋根の下で生活する二世帯住宅のメリットとデメリットとはどんな部分でしょう。実際に建てる際の価格や住んでみてからの住み心地など、様々な目線や観点でみてみないと良いか悪いかは判断できません。注文住宅でつくる二世帯住宅ではどんな工夫ができるのか、逆に悪い点、コストの部分など。久留米市や筑後市、鳥栖市でこれから二世帯住宅造りをご検討中の方に、イメージが膨らむご説明をしていこうと思います。

二世帯住宅で考えなければいけないこと

久留米市や筑後市、鳥栖市で注文住宅での二世帯住宅をご検討中の方、建てる前にメリットやデメリットを知っておくことが大切です。まわりに二世帯住宅で生活するお友達はいますか?注文住宅で二世帯住宅を実際に建ててみた方達の、実際の声を元にメリットとデメリットを紹介致します。

二世帯住宅のメリット

お互いをサポートできる

親と子の2世帯が同居することによって、お互いに協力しあってサポートができます。例えば、お子さんがいる家庭でしたら家に祖父母がいてくれることで、遊んでもらえたり勉強をみてもらったりできます。また、共有スペースは分担をして掃除をすることで、家事の時間も減らすことができます。親世帯はいつかの介護の心配が減るところもメリットになります。

建築費用や生活資金の節約になる

二世帯住宅にすることで、建築費用を抑えることができます。その後の生活においても、光熱費が安くなる他、食事も共にする家族であれば食費の節約にもなります。

子育てにいい環境

おじいちゃんやおばあちゃんが常に近くにいる環境で子供が成長できるということは、子供にとって大きなメリットになります。親世代とはまた違う遊びや教育の環境元、お子さんがのびのびと成長して親と子で成長を見届けることができます。

二世帯住宅のデメリット

今までの環境の違い

今まで違う生活をしてきた方同士が、一緒に暮らすと様々な違いに戸惑うことになります。小さなことの積み重ねも、毎日になると苦痛でストレスとなってしまうことも。例えば、料理の味付けや、柔軟剤の香りなど、小さいようにみえて大きな違いです。こういったストレスが家族の仲を壊してしまうこともありそうです。

生活リズムの違い

親と子の世帯では、年齢差もあり寝る時間などに差が出てきます。また、親世帯が定年をむかえ日中も家にいるようになったりすれば、親世帯の夕食の時間が早まったりすることも考えられます。お互いに合わせようと心掛けることも、後に大きなストレスとなって振りかぶってくることでトラブルになるケースも。

プライバシーの確保が難しい

共有スペースが多い二世帯住宅に住むと、ひとりひとりの自分の時間が確保しにくくなってしまいます。プライバシーがなくなってしまうと、気付かぬうちにストレスになってしまいます。

デメリットを最小限にすることが重要

二世帯住宅はメリットを考えるよりも、将来が不安なデメリットをどれだけ最小限にできるかが重要なのです。久留米市や筑後市、鳥栖市で二世帯住宅をお考えの方に、より良い生活を送ってもらう為には、どんな家造りを目指したら良いのか。みんなが使える共有スペース、自分の時間を確保しやすい間取り、2つの世帯に合わせた設計など、経験を元に良い家造りをいっしょに考えてくれる、優良工務店に注文住宅を頼むことが未来の住みやすさに繋がると考えています。