HOME » 注文住宅を建てるには?完成までの流れをチェック » 工務店、ハウスメーカーの選び方を知ろう

工務店、ハウスメーカーの選び方を知ろう

このページでは、工務店とハウスメーカーの違いや、失敗しない業者の選び方などについて説明していきましょう。

注文住宅はどこで建てる?

工務店とハウスメーカーの違いといっても、実は明確な定義はありません。

業者が「うちは工務店だ」といえば工務店ですし、「わが社はハウスメーカーです」といえばハウスメーカーです。

実際に家を建てるのが工務店で、家を売るのがハウスメーカー、という意見もありますが、おおよその傾向としては営業エリアを限定した中小規模の建築会社が工務店で、より広域に営業活動をし、販売にもより力を入れているのがハウスメーカー、という認識でいれば間違いはないでしょう。

しかし、注文住宅での家づくりにおいて、工務店かハウスメーカーかは重要な問題ではありません。

重要なのは、工務店にせよハウスメーカーにせよ、「失敗しない業者を選ぶ」ということ一点につきます。

逆にいえば、「家づくりが成功する業者」を選べばよい、ということ。そこで、注文住宅づくりでおすすめの業者の特徴をご紹介しましょう。

知っておきたい業者選びのポイント

■「聞く耳」を持っている

要するに、わたしたちの要望に耳を傾け、それをくみとってくれるかどうか。

誠実な業者であれば、わたしたちの話をいちいち否定することはしませんし、要望を聞き取ったうえで、予算や諸条件の範囲で実現可能なプランを提案してくれます。

人も話に耳を傾けず、自分たちの売りたいプランばかりを提案してくる業者はNG。のちのちトラブルになるリスクが高いでしょう。

■新築専門の業者である

新築を専門に手がける業者であれば、土地や建築に制限があったり、施主のあらゆる要望に応えてきたりと、さまざまな建築ノウハウを蓄積しています。

新築以外にも建売、店舗・商業施設の施工や解体、大手メーカーの下請けなど、あまり手を広げすぎている業者がダメ、というわけではありません。

ですが、新築専門の業者と比べると注文住宅づくりのノウハウには遅れをとっている可能性が否定できないのです。

新築専門でなくても、少なくとも仕事の割合が新築メインの業者を選ぶようにするといいでしょう。

■ならでは強みを持っている

その業者ならではの強み、メリットがあるかどうかも重要なファクターの1つ。

たとえば、無垢材や無添加材を使うなど、建築素材にこだわりをもっている。優秀な建築士・デザイナーを抱え、機能性・デザイン性にすぐれている。

など、自社ならでは強みをアピールできている業者であれば、同じ予算でもワンランク上のラグジュアリーな住まいを建てることができるでしょう。

常に居住者目線で複数のプランニング・提案をしてくる、アフターサービス・フォローが充実している、なども強みとなります。

反対に、「貴社の強み・特徴は何ですか」と聞いてみて、あいまいな返事をするような業者は避けたほうがいいかもしれません。