家づくりの工法

家づくりの基本ともいえる、工法について解説いたします。久留米市、鳥栖市、筑後市近辺で家を建てる計画中の方、もう工法はお決まりですか。木造、RC造、ツーバイフォーなど聞いたことはあっても、詳しく知らないという方へ分かりやすく解説していきます。工法の特徴やメリット、デメリットも含めてみていきましょう。

自分たちの理想の家づくりは、信頼できる工務店に頼む注文住宅がおすすめです。住みたい家のイメージを、しっかりと伝えられるよう準備しておきましょう。

外からでは分からない家の工法

家を建てるときの工法とは、躯体と言われる骨組みをどう作るかの方法です。どの工法で建てたのかは、家が完成してしまってからは外観では分かりにくいのですが、材料も違えば家を支える仕組みも違い、家づくりの工期も違ってきます。外観からは違いが分からない『工法』。実は家づくりにおいて大切な選択と言えます。

家づくりの主な工法

木造軸組工法 日本の伝統的な工法。
柱で縦軸、梁等で横軸、筋交いで斜の軸を使って躯体を支えます。
2×4(ツーバイフォー)工法 北米から輸入された工法で、日本でもよく使われる工法。
床、壁、天井の六面体で躯体を支えます。(木の間中2インチ×4インチ。日本名で、枠組壁工法と言います。)
プレハブ
(あらかじめ工場でパーツをつくり、現場で組み立てます。)
鉄骨系 主に軽い鉄骨で骨組みをつくり、柱と梁、ブレースで躯体を構成しています。
木質系 床や壁を木質のパネルで構成し、その面の力で躯体を構成しています。
コンクリート系 コンクリートのパネルで躯体を構成し、支えています。
ユニット系 ボックス型のフレームでユニットを構成し、現場で組み立てます。
RC造(鉄筋コンクリート) 鉄筋を網目状に組み、板材で囲んだところにコンクリートを流し込み柱、梁、壁、床を構成しています。
鉄骨造 構造は木造軸組工法と同じですが、鉄骨のほうが強度が高いため、大空間や大きな窓をつけるのに適しています。
その他の工法 丸太を使うログハウスなど

家づくりに多い3つを比較

上の表で紹介した中でも、日本の家づくりに多く使われている工法3つ。木造軸組工法、2×4工法、RC造工法(鉄筋コンクリート)のメリットとデメリットを解説致します。

  メリット デメリット
木造軸組工法 ・日本伝統工法で和のデザインに適している
・軽くしなやか
・断熱性能が高い
・コストを抑えられる
・シロアリ等の害虫被害が多い
・鉄やコンクリートに比べて強度が劣る
・大きな空間や大きな窓などは不可
2×4工法 ・コストダウンが期待できる
・地震に強い
・合理化されているので施工ミスが少ない
・高気密高断熱にし易い
・シロアリ等の害虫被害が起きる可能性がある
・壁も支えのひとつなので大きな窓などは開けられない。
RC造工法(鉄筋コンクリート) ・強い構造
・防音性能に優れている
・工期が掛かり、コストも掛かる
・柱梁が太い
・夏は暑く、冬は寒い

理想の家とコストで選ぶポイント

せっかくの家づくりですから、いいものにしたいですよね。しかし、あれもこれもと欲張っていてはコストが膨らんでしまいます。工法については、理想とコストのバランスを取って決めといいでしょう。いくつかポイントを紹介いたします。

ポイント(1)建物の階数で考える

木造軸組工法や2×4(ツーバイフォー)工法は、コストを抑えられる工事になりますが、平屋や二階建てに限ったことです。三階建てになると、木造軸組工法は急激にコストが上がってしまいます。

ポイント(2)地域による防火の規制も考える

防火規制が厳しいところでは、コストが大きく掛かったりする場合がありますが、RC造(鉄筋コンクリート工法)の場合は防火規制による極端なコストはありません。

ポイント(3)和風の家か洋風の家かで考える

和の家づくりを考えているのでしたら、やっぱり日本古来からの伝統技術、木造軸組工法で建てれば木のぬくもりを存分に味わえそうです。

そして洋風の家は、北米から輸入された2×4工法(ツーバイフォー工法)はデザイン性でも理想に近付きやすいです。しかし、木造軸組み工法や2×4工法(ツーバイフォー工法)では、大空間や大きな窓が誠意源されるので、ここだけは注意が必要です。