見学会に参加してみよう

注文住宅を建てる流れ・手順のうち、ここでは見学会への参加について紹介していきます。

展示場と見学会の違いとは

業者の目ぼしをつけたら、次は見学会へ参加してみることをおすすめします。

見学会といっても、展示場で再びモデルハウスを見るわけではありません。ここでいう見学会とは現場見学会。すなわち、実際に工事して家を建てている現場や完成後のお宅へうかがうのです。

「展示場で実物見たし、もう十分」と思われるかもしれませんが、あくまでモデルハウスはモデルハウス。

上級グレートの設備を使っていたり、植栽やインテリアなどで誰もが「ここに住みたい」と感じるラグジュアリーな雰囲気を演出しているもの。

実際に人が住むわけではありませんし、展示場・モデルハウスはあくまで「つかみ」と思ってください。

魅力的なモデルハウスだけで決めてしまうのは危険であり、ここで失敗してしまう人があとをたたないのです。

その点、見学会で訪れるのはこれから実際に人がくらすことになる家。

そこには飾らない、ありのままの住まいが建てられているわけで、建物本来の姿を感じることができるでしょう。

見学会でのチェックポイント

見学会には工事中の現場を見る構造見学会と、竣工後の家を見る完成見学会の2つがあります。

注文住宅に限らず、建物というものは完成してしまうと内外の壁以外は見えなくなってしまうもの。

ですが、この見えなくなってしまう箇所こそが住まいの構造の重要部分なのです。

それを目の当たりにできるのが、構造見学会。

わたしたち建築の素人には専門的な部分はわからないかもしれませんが、柱が曲がっていないか、梁は細すぎないか、職人の仕事ぶりはどうか、といった点はチェックできます。

わかる範囲でかまわないので、気になった点は現場の担当者の方に質問してみるといいでしょう。

完成後を想像し、見えなくなる部分を念入りに見るようにしてください。

それに対して、完成見学会では目に見えるところを重点的にチェック。

思い描いていたイメージどおりかどうかを確認しましょう。

カタログやモデルハウスと実際の完成住宅との違いを頭に入れておくと、自分が建てる家のプランニングにも反映することができます。

また、完成までにトラブルはなかったか、あればどんなことだったのかなども聞いておくと役立つはずです。