HOME » 注文住宅を建てるには?完成までの流れをチェック » 土地探しのポイントを知っておこう

土地探しのポイントを知っておこう

このページでは、注文住宅での家づくりのなかでも重要な土地探しについて見ていきましょう。

土地探しをはじめる前に

いい住まいづくりの基本はいい土地探しから。

注文住宅は、土地探ししだいでその成否が左右されることも珍しくありません。

贈与・相続などで譲りうけた場合や今住んでいる家を建て替える場合などをのぞいて、土地探しは避けては通れない重要ポイントなのです。

いい土地を見つけるには、相応の不動産関連知識、法知識などの知見に加え、探してまわる体力や時間も必要。

さらには自分が欲しいタイミングで売りに出されているという、運にも恵まれていなければいけないという、めぐり合わせの問題もあります。それだけに決して簡単なことではないでしょう。

ですが、押さえるべき点さえ押さえておけば、いい土地にめぐり合える確率をより高めることはできるのです。

その前にまずやっておくべきこととして、新しい住まいでのライフスタイルを具体的に書き出し、土地に求める条件を洗い出しておくことが肝要。

たとえば、土地の面積。間取り、駐車場、庭など、どれだけのスペースが必要なのか。また間口の広さはどれくらいほしいのか、など。

そのほかにも、土地の形や立地なども思い描く新居のスタイルによって、求められる条件は異なってきます。

ただし、そのすべての条件をクリアできる土地はそうそうないのも事実。優先順位もあわせて決め、より条件に合致する土地を探すようにしましょう。

自分の目でしっかり確認する

わたしたちはふだんあまり気にも留めませんが、土地には法的な条件・規制がついているもの。

建ぺい率や容積率はもとより、日照権の問題で2階建てまでしか建てられない、新築の場合は緑化のために樹木を植栽する必要がある、周辺の道路に通行できる車両規制がある、など実にさまざま。

ここあたりは不動産業者や行政の窓口に相談し、事前にしっかりと調べておきましょう。

また、不動産業者などの土地仲介業者は宅建法に基づいて重要事項説明の義務がありますが、それが土地にかんするすべての情報とは限りません。

なかには、わたしたちに不利な条件を法に抵触しない範囲であえて触れない業者もいるので、土地には実際に足を運んで自分の目で確かめてみること。

その際、隣地との境界線、日当たり、道路環境、土地の高低差なども確認しておくと、のちのちの無用なトラブルを回避できます。

とくに、埋め立て地や削平地などは見た目には問題がないようでも、地盤調査をしておいたほうが無難です。

いざ家を建てたら、「家が傾いていた」なんていうことになると笑い話ではすみません。

電気、水道、ガスなどのライフラインの整備状況も要確認。これらが引かれていない場合は、新たに敷設してもらう必要があります。