HOME » 注文住宅を建てるには?完成までの流れをチェック » 住宅ローンについて知っておこう

住宅ローンについて知っておこう

ここでは、注文住宅を建てる流れのなかでも、住宅ローンについて紹介していきましょう。

注文住宅で住宅ローンを活用する

土地代・建築費用をまとめて支払える資産のある方は別ですが、多くの場合、注文住宅で家を建てるには銀行など金融機関からの住宅ローンを利用することとなります。

住宅ローンは家を抵当、住宅を担保にお金を借りる金融商品。

家がすでに建っている建売住宅の場合は、引き渡し後すぐに融資をうけることができますが、注文住宅の場合はどうでしょうか。

注文住宅では、請負契約時10%、着工時30%、上棟時30%、完成時にのこりの30%を建築会社に支払うのが基本です。

これでは「住宅が完成しなければローンの融資をうけられない!」と思われるでしょう。しかし、多くの金融機関では、注文住宅の場合は建物の建築確認がおりたときに本審査をうけられるので心配ありません。

しかし、なかには例外もあり、その場合は竣工までに必要なこれらの資金はつなぎ融資でまかなうことになります。

一般的には、建築会社や不動産会社の担当者が住宅ローンの手続きを代行してくれますし、良心的な業者であれば審査が通りやすいようさまざまなアドバイスもしてくれるでしょう。

万一、住宅ローンの審査が通らなかったときのことも考え、業者との契約時には「ローン特約」について確認しておいてください。

ローン特約とは、借りる予定だったローンの審査がパスできなかったなどで融資されなかったとき、建築契約を解除できるというもの。ふつうは契約に盛り込まれているものですが、不誠実な業者がいないとも限りません。

お金の契約内容は面倒でもしっかりと確認しておきましょう。

住宅ローン融資の流れ

参考までに、住宅ローンが融資されるまでの流れについてもご紹介しておきます。

■事前審査
タイミングとしては、建築会社を決定し、見積もりがでた段階で金融機関に住宅ローンの事前審査を申し込みます。職業や勤務先、勤続年数、年収、債務状況などから、いくらまで融資できるか、金利はいくらか、などを金融機関が審査します。

■本審査
建物の建築確認がおりると、金融機関は本審査を開始。より精度の高い審査をします。事前審査を通ったからといって、確実に本審査をパスできるわけではありません。ですが、事前審査で問題がなければ、多くの場合は通過するでしょう。

■ローン契約
本審査を無事に通過すれば、ローン契約を結びます。

■融資実行
契約締結後、晴れて融資が実行されます。滞納や支払い漏れのないよう、きちんと返済していきましょう。