住宅展示場に行こう

注文住宅を建てる一連の流れのうち、まず第一歩として住宅展示場に行く重要性についてまとめてみました。

住宅展示場に足を運ぶメリット

誰しも一度は、モデルハウスの建ちならぶ住宅展示場を目にしたことがあるのではないでしょうか。

しかし、この住宅展示場、用がなければまったく気にも留めない存在。

それだけに、いざ足を運んでみようとなっても「住宅展示場ってどんなところなの?」「行っても何をチェックすればいいのかわからない」という方も少なくありません。

住宅展示場は、一戸建てなど、これから家を建てようとする人が実物の仕上がりを実感してもらうために、ハウスメーカーなどが用意しているもの。

つまり、「これから住まうであろう家を肌で感じる」ことが住宅展示場を訪れる目的となります。

たとえば、工務店担当者の話やメーカーカタログだけではわからない、家や間取りの大きさ、広さ。家の材質や質感。実際にくらしてみたときの動線などを体感することができるというわけ。

もし、自分の家族構成やライフスタイルとモデルハウスで感じたイメージにズレがあれば、設計にその修正を盛り込んでもらうこともできます。

「うちの家族だとあの設備が必要だな」「トイレは1つでいいからその分、部屋を広くしよう」など、プランニングもしやすくなるでしょう。

複数の住宅展示をめぐれるのであれば、気になったモデルハウスのいいところだけを吸いあげて理想の住まいを実現する、ということも可能。

住宅展示場に足を運んでプラスはあっても、決してマイナスはないのです。

展示場でのチェックポイント

ですが、ただ闇雲に見てまわっても意味がありません。

きちんとポイントを絞ってチェックしていかないと、「ああしたい、こうしたい」ばかりが膨らんで予算もオーバーして、収拾がつかなくなります。

そこで、住宅展示場では以下の点を中心にチェックするようにしましょう。

  • 間取りや設備は家族のライフスタイルにあっているか。
  • 自分たちにあった屋内外のデザイン性かどうか。
  • 彩光や通気、防音面などは快適にくらせそうか。
  • 耐震性・耐火性・防犯性などの安全面は問題ないか。
  • 建物の耐久性は十分か。
  • 予算内で理想の、または理想に近い設計ができそうか。

また、モデルハウスでは標準クラスよりは上級クラスの設備で仕上げられていることが多いので、1クラス、2クラスほど設備のレベルを下げて考えるといいかもしれません。

住宅展示場を活用できるかどうかで、ワンランクうえの注文住宅を建てられるかどうかが変わってくるのです。