二世帯住宅のメリットとデメリット

親と子の2世帯がひとつ屋根の下で生活する二世帯住宅のメリットとデメリットとはどんな部分でしょう。実際に建てる際の価格や住んでみてからの住み心地など、様々な目線や観点でみてみないと良いか悪いかは判断できません。注文住宅でつくる二世帯住宅ではどんな工夫ができるのか、逆に悪い点、コストの部分など。久留米市や筑後市、鳥栖市でこれから二世帯住宅造りをご検討中の方に、イメージが膨らむご説明をしていこうと思います。

二世帯住宅で考えなければいけないこと

久留米市や筑後市、鳥栖市で注文住宅での二世帯住宅をご検討中の方、建てる前にメリットやデメリットを知っておくことが大切です。まわりに二世帯住宅で生活するお友達はいますか?注文住宅で二世帯住宅を実際に建ててみた方達の、実際の声を元にメリットとデメリットを紹介致します。

二世帯住宅のメリット

お互いをサポートできる

親と子の2世帯が同居することによって、お互いに協力しあってサポートができます。例えば、お子さんがいる家庭でしたら家に祖父母がいてくれることで、遊んでもらえたり勉強をみてもらったりできます。また、共有スペースは分担をして掃除をすることで、家事の時間も減らすことができます。親世帯はいつかの介護の心配が減るところもメリットになります。

建築費用や生活資金の節約になる

二世帯住宅にすることで、建築費用を抑えることができます。その後の生活においても、光熱費が安くなる他、食事も共にする家族であれば食費の節約にもなります。

子育てにいい環境

おじいちゃんやおばあちゃんが常に近くにいる環境で子供が成長できるということは、子供にとって大きなメリットになります。親世代とはまた違う遊びや教育の環境元、お子さんがのびのびと成長して親と子で成長を見届けることができます。

二世帯住宅のデメリット

今までの環境の違い

今まで違う生活をしてきた方同士が、一緒に暮らすと様々な違いに戸惑うことになります。小さなことの積み重ねも、毎日になると苦痛でストレスとなってしまうことも。例えば、料理の味付けや、柔軟剤の香りなど、小さいようにみえて大きな違いです。こういったストレスが家族の仲を壊してしまうこともありそうです。

生活リズムの違い

親と子の世帯では、年齢差もあり寝る時間などに差が出てきます。また、親世帯が定年をむかえ日中も家にいるようになったりすれば、親世帯の夕食の時間が早まったりすることも考えられます。お互いに合わせようと心掛けることも、後に大きなストレスとなって振りかぶってくることでトラブルになるケースも。

プライバシーの確保が難しい

共有スペースが多い二世帯住宅に住むと、ひとりひとりの自分の時間が確保しにくくなってしまいます。プライバシーがなくなってしまうと、気付かぬうちにストレスになってしまいます。

デメリットを最小限にすることが重要

二世帯住宅はメリットを考えるよりも、将来が不安なデメリットをどれだけ最小限にできるかが重要なのです。久留米市や筑後市、鳥栖市で二世帯住宅をお考えの方に、より良い生活を送ってもらう為には、どんな家造りを目指したら良いのか。みんなが使える共有スペース、自分の時間を確保しやすい間取り、2つの世帯に合わせた設計など、経験を元に良い家造りをいっしょに考えてくれる、優良工務店に注文住宅を頼むことが未来の住みやすさに繋がると考えています。

二世帯住宅の特徴

二世帯住宅は、その間取りや特徴によって3つに分けられます。

  • 完全同居タイプ
  • 部分共有タイプ
  • 完全分離タイプ

それぞれのタイプの特徴について紹介します。

完全同居タイプ

文字通り二つの世帯が完全に同居するタイプです。玄関も一つだけであり、寝室のような個人の部屋以外はキッチン・トイレ・お風呂といったが共有になります。

キッチン・トイレ・お風呂などの設備を共有するため、設備にかける費用を抑えることができ、工期も短くすることが可能です。

また、設備が少なくて済む分、リビングなどのスペースを広く設計することで家族間の交流が増えるといったメリットもあり、世帯間の距離が非常に近くなり、お互いを助け合いながら生活できます。

デメリットは、それぞれの家族が顔を合わせる時間が多く、プライベートな空間となると個人の部屋以外は殆どなく、もし生活リズムが合わないような場合、ストレスを感じてしまうかもしれません。

部分共有タイプ

玄関やキッチン・トイレ・お風呂などの一部分を共有するタイプです。どの設備を共有するか、別々に分けるかを選択できるため、間取りの自由度も高くできるといった点が特徴になります。

例えば、バルコニーを共有スペースにしたり、子供が小さければ秘密基地のような共有スペースを作ったりと自由度の高い設計が可能になります。一定のプライバシーを保ちつつ、親世帯と子世帯との交流もしやすい完全同居タイプに近いメリットも得られます。

デメリットとしては、二つの世帯の生活リズムが異なることで、共有設備の使用時間の問題や物音が気になるといったトラブルが発生してしまう可能性や、共有部分を後から変更することが難しい点が考えられます。

生活リズムが異なる場合は、浴室やその他の共有部分を使用するときの物音が響きにくいような間取りにするといった事前にしっかり話し合い、工夫することで解決していきましょう。

完全分離タイプ

一つの建物を左右で分ける、1階と2階で上下に分けるなど、一つの建物に二つの世帯が別々に居住するタイプです。

建物自体は同一であるが、玄関、トイレ、キッチン、お風呂など全ての設備を共有しない分、建築費がかかるだけでなく、ある程度広い土地面積が必要となるタイプとなります。

完全同居タイプ、部分共有タイプと比較して、最もプライバシーが尊重されるタイプです。

完全分離型の二世帯住宅の場合、もしも一世帯分空いてしまった場合でも、賃貸として貸し出すこともでき、親世帯と子世帯の生活リズムが異なっても、お互いに気を遣わずに済み、ストレスがかからず住むことができるといった点がメリットと言えます。

ただ、それぞれに全ての設備が必要であり、建築費用が高くなるだけでなく、土地の広さも必要となるデメリットもあります。

久留米・鳥栖・筑後エリアでおすすめの工務店3選【二世帯住宅編】

ホームラボ

ホームラボの画像
引用元:ホームラボ公式HP(http://www.homelabo.com/)

ホームラボが施工する二世帯住宅

ホームラボのコンセプト「家族の幸せ研究所」の通り、二世帯住宅においても家族の幸せを守る、理想の住環境を実現するための性能、システムを提供しています。

高気密高断熱施工と全館床暖房システムでトイレやお風呂まで家全体が快適で過ごしやすく、高齢者にとって心配なヒートショックを防いだり、温度変化に敏感な子供の体調管理がしやすかったりと健康的な生活を送ることができます。

ホームラボでは普通の住宅会社よりも長い時間を掛けて、じっくりと打ち合わせを行い、「一生付き合える家」づくりを行っています。それぞれの家族の希望を尊重し、じっくりと時間を掛けた打ち合わせは理想の二世帯住宅実現の一番の近道かもしれません。

ホームラボが施工する二世帯住宅の施工事例

ホームラボの二世帯画像
引用元:ホームラボ公式HP(https://www.homelabo.com/visit/v10)

前の住まいが暗かったことから、「明るい家」を理想として二世帯住宅を建築されたH様邸では、床には無垢材を採用し、2階にも洗面、洗濯が出来るような間取りにし、1階にはウッドデッキを作るなど、施主の希望を実現しています。

高気密高断熱施工で暖かく、キッチンは奥様こだわりの対面式で色は個性的なピンクを採用するなど、家族の希望が詰まった家に仕上がっています。

ホームラボの会社概要

  • 【社名】株式会社ホームラボ
  • 【所在地】福岡県久留米市山川沓形町2-21(新築事業部・モデルハウス)
  • 【創立】1998年
  • 【許可等】二級建築士事務所 福岡県知事登録 第2-50233号、建設業許可 福岡県知事許可(般-25)第91863号、宅地建物取引業免許登録番号 福岡県知事(2) 第16851号
  • 【所属団体】(株)ハウスジーメン、(株)日本住宅保証検査機構(JIO)、(財)住宅保証機構 住宅瑕疵担保責任保険
  • 【URL】http://www.homelabo.com/

ホームラボの公式サイトでもっと見る

積水ハウス

積水ハウスの画像
引用元:積水ハウス公式HP(https://www.sekisuihouse.co.jp/)

積水ハウスが施工する二世帯住宅

積水ハウスの二世帯住宅では、創業以来240万件以上の家づくりの経験から暮らしをスムーズにするための収納や導線などのプランアイデアにも工夫を凝らし、それぞれの家族のスタイルに合わせた家づくりをすることができます。

特に高齢者と小さな子供が一緒に生活する上で、快適に過ごせるよう標準で「次世代省エネ基準」をクリアしており、空気環境配慮、遮音配慮がなされた家づくりが可能です。

また、誰もが使いやすいユニバーサルデザインを基本とした美しいデザインによる「心地よさ」をプラスした家づくりができます。

積水ハウスが施工する二世帯住宅の施工事例

積水ハウスの施工事例
引用元:積水ハウス公式HP(https://www.sekisuihouse.co.jp/kodate/works/detail/0090/)

「ひとつ屋根の下で、年齢や生活リズムが異なる二つの世帯がお互いにプライバシーを守りながら暮らしやすい家」という施主の希望に合わせた家づくり。1階を親世帯、2階を子世帯として玄関、生活フロアを分離し、2つの家族が程よい距離感を保ちながら暮らせる家に仕上がっています。また、動線計画もしっかりとされており、快適に過ごせる間取りとなっています。

積水ハウス会社概要

  • 【社名】株式会社積水ハウス
  • 【所在地】福岡県久留米市東合川1-7-31(KBCマイホーム展久留米会場内)
  • 【創立】1960年8月1日
  • 【許可等】要問い合わせ
  • 【URL】https://www.sekisuihouse.co.jp/

積水ハウスの公式サイトでもっと見る

一条工務店

一条工務店の画像
引用元:一条工務店公式HP(http://www.ichijo.co.jp/index.html)

一条工務店が施工する二世帯住宅

高齢の方と小さな子供と暮らすことが多くなる二世帯住宅だからこそ、健康で快適な家でなくてはなりません。

一条工務店の二世帯住宅なら全館床暖房で居室だけでなく廊下やお風呂まで暖かく、全館換気システムできれいな空気環境を保つことができます。

いざという時の家の耐久性はもちろんのこと、安心かつ快適な暮らしを実現させる高性能な住宅を提供しています。また、二世帯住宅を検討する人へお互いの世帯のちょうど良い距離感で過ごすための工夫を提供しています。

一条工務店が施工する二世帯住宅の施工事例

一条工務店の施工事例
引用元:一条工務店公式HP(https://www.ichijo.co.jp/example/fudo/モダンスタイルのtさん邸は、暮らしを楽しむ家/)

一条工務店のコンセプトである「家は、性能。」を表すように高性能で快適に過ごせる住宅となっており、シンプルな中に施主のセンスが光る工夫がなされています。

一条工務店会社概要

  • 【社名】株式会社一条工務店
  • 【所在地】福岡県久留米市篠山町397-6(久留米展示場 hitハウジングパーク久留米)
  • 【創立】1978年
  • 【許可等】建設業 熊本県知事(般-23)第12055、一級建築事務所 熊本県知事 第1958、宅地建物取引業者免許 熊本県知事(3)第4201(以上、株式会社一条工務店熊本)
  • 【URL】http://www.ichijo.co.jp/index.html

一条工務店の公式サイトでもっと見る