HOME » エリア別でみる北部九州の住みやすさガイド » 鳥栖の住みやすさについて

鳥栖の住みやすさについて

ここでは、福岡・筑後エリアと接する佐賀県鳥栖市のくらしやすさについて見ていきましょう。

九州産業と交通の要衝・鳥栖

佐賀県鳥栖市は、佐賀よりも福岡と地理的にも経済的にも密接しているまち。市域が福岡市と久留米市の間に突出しているため、両市へ通勤・通学する人が多い傾向にあります。

そんな鳥栖市は、日本でも有数の交通要衝の地。

鳥栖駅は熊本・鹿児島方面への鹿児島本線と佐賀・長崎・佐世保方面への長崎本線の分岐点となっているほか、九州の運輸網の要ともいえる鳥栖ジャンクションは九州自動車道、大分自動車道、長崎自動車道が交わっています。

このような要衝の地であることから、鳥栖は九州の産業の一大集積地となっているのです。

市内には久光製薬が本社を置くほか、キューピー、コカ・コーラウエスト、日清製粉、ブリヂストンなど大手企業が工場を構え、九州の交通の要衝でもあるため、アマゾン・ジャパンの流通センターや毎日新聞・読売新聞の印刷工場など、物流関係の事業所が集積されているのも鳥栖のロケーションの重要性を物語っているでしょう。

また、鳥栖筑紫野道路・柚比インターからすぐの場所に鳥栖プレミアム・アウトレットがあるなど、大型商業施設が所在しているのも鳥栖の魅力だといえます。

鳥栖のくらしやすさ

前述のように、鳥栖は福岡・久留米のベッドタウンとともに産業のまちとしての側面ももっており、生産年齢人口が多いのが特徴です。

市民の平均年齢は42.30歳で、生産年齢人口は74.83%を占めます。老年人口は19.43%と20%をきっており、「はたらく人のまち」ともいえるでしょう。

そのため、「子ども・子育て関連3法」を制定するなど、はたらく世代が安心してくらせる体制も万全。

5,000円~15,000円の児童手当、18歳までが対象の入院医療費助成、私立幼稚園就園奨励費補助金など、経済的なサポートも充実しています。

九州初の重粒子線がん治療施設である九州国際重粒子線がん治療センターができるなど、医療も古くから薬業で栄えてきたまちだけあって完備されていて安心です。

地価のほうを見てみると、平均43,515円/m2、1坪あたり143,851円と佐賀県第2位の高水準。

佐賀県全県の平均地価が30,051円/m2で、県内トップの佐賀市(45,289円/m2)に迫る勢いです。これも鳥栖の立地のよさ、利便性の高さのあらわれです。

しかし、JR鳥栖駅からJR博多駅までは快速でわずか27分。鳥栖よりも福岡から遠い久留米よりも割安なので、実はねらい目であるともいえます。

【佐賀県鳥栖市】

  • 市役所所在地:佐賀県鳥栖市宿町1118
  • 総人口:73,306人
  • 行政面積:71.72平方キロメートル
  • 人口密度:1,020人/平方キロメートル
  • 市制施行:1954年4月1日

※情報は2016年6月現在のもの